中学3年生の英語の教科書 (NEW HORIZON) に載っていたアウンサンスーチーさんを覚えていますか。

彼女は国民民主連盟 ( National League for Democracy, NLD ) というミャンマーの政党の党首として、軍事政権とその流れを継ぐ政権の施策に抵抗し、ミャンマーの民主主義と人権を求めて闘う政治の指導者です。

1988年、ミャンマーでは民主主義を求める運動に参加したたくさんの人々が殺されました。ミャンマーの人々には強力な指導者が必要で、そこで選ばれたのが彼女、アウンサンスーチーさんです。
1989年、当時の政府は彼女の活動を制限するために2010年までの間の合計15年間、彼女を自宅軟禁に置きましたが、彼女は諦めませんでした。 1991年にはノーベル平和賞を受賞しています。
2015年に続き2020年の総選挙で、アウンサンスーチーさん率いるNLDが圧勝し、2021年 2月 1日は総選挙後初の国会が始まる予定だったのです。
ところが、2021年2月1日未明、国軍はウィンミン大統領、アウンサンスーチー国家顧問、NLD幹部、NLD出身の地方政府トップら45人以上の身柄を拘束、ウィン・ミン大統領とアウンサンスーチー国家顧問を自宅に軟禁、そして、軍出身のミンスエ第一副大統領が大統領代行(暫定大統領)に就任し非常事態宣言を発出し国軍が政権を掌握、そしてミン・アウン・フライン国軍総司令官に立法、行政、司法の三権が委譲されました。国軍によるクーデターです。
これに対して、ミャンマーの人々は民主主義を求めて抗議行動を行っているのですが、国軍は抗議行動を武力で弾圧、一般市民にも銃口を向け、500人とも600人とも言われる人々が殺害されたそうで、今もその数は増え続けています。
まさかこのような事が21世紀に起こるとは思ってもみなかったので、私はとても驚いて、テレビや新聞、インターネットで情報を探したのですが、クーデター後2週間ほど経ってやっと見つけたのは「日本サッカー協会がミャンマー戦 延期を決定」というニュース・・・。その後も大きなニュースとは扱われず、ミャンマー在住の知り合い (日本人のジャーナリスト) のフェイスブックが情報源となっています。そして今はミャンマー発の情報は国軍によって統制され、インターネットは制限された状態が続いています。
重い話題ですが、ミャンマー在住の知り合いの「少しでも多くの方々に情報を届けて」という想いを受けて書かせていただきました。
本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
メインメニュー
ホーム
基本理念
集団授業コース
個別授業コース
入塾までの流れ
講師紹介
講師に質問!Q&A
専属講師コラム
当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
第八十四回担当
『今 ミャンマーで起こっていること』
 Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved
田村 善郎 先生
職員コラムシリーズ
目標に向かって、真っすぐ。

つくばゼミ
  ○小川教室
   TEL 0299-58-6253
  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研
  ○大宮教室
   TEL 0295-53-1254

つくば学館
  ○みどりの教室
   TEL 029-838-5715
  ○阿見教室
   TEL 029-887-9022