皆さんは普段、先生や親、あるいは友達から何かを注意されたり指摘されたりすることがあるでしょうか。1つの欠点もなく、すべてノーミスで片付けてしまうパーフェクトな人間などそうはいないでしょうから、大なり小なり誰しも経験することだと思います。

人のものを壊したとか騒いでしまったとか、明らかに自分の側に非がありそれを自覚できている場合それは注意されてしかるべきです。しかしそうでない場合、例えば全く無意識に出てしまう一種の「クセ」のようなものや、自分では相手に嫌な思いをさせている、悪いことをしているという感覚がなく「当然のこと」として行う行為に対して受ける注意というものも存在します。今回はそんな、無自覚に対する注意のお話。

この無自覚に対する注意、本当に難しいです。というのも、上述の通り相手にとっては無意識・無自覚なのですから、「えっ、俺なんか悪いことしたか?」という感覚になります。理不尽に注意されたようにも感じますから、注意されたことに対して反感を抱くこともあるでしょう。最悪の場合、人間関係に亀裂が生じる虞まであります。だから難しいのです。

日本人の一般的な感覚として、角が立つことはしたくない、無用なトラブルは避けたいと考えるのが普通ですから、見て見ぬふりをしてしまったり、自分がちょっと我慢すれば済むことだと、注意すること自体ををためらってしまうことも多々あります。

でもそれって、本当に本人のためになるのでしょうか。
無意識・無自覚なのですから、人から指摘されなければそのまま気付くことなく日常生活を送ることになります。知らぬ間に相手にストレスを与え続けることになるかもしれません。大事な場面で大恥をかくことになるかもしれません。それこそ本人にとっては不幸なことなのではないでしょうか。

かく言う私も小学生の頃にこのような指摘を受けたことがあります。3つ下のいとことテレビゲームをしていた時のことです。ゲームに熱中していた私に対してその子が一言、「鼻息荒いよ」と。うまく表現できないのですが、なにかガツンと脳天を撃ち抜かれたかのような衝撃を受けたことを、30年近く経った今でもはっきりと覚えています。私は反感を抱くどころか、年下のいとこにただただ打ち負かされたような気になりました。それからというもの、私はなにかに集中したりする際には常に呼吸に気を遣うようになりました。もちろん今でもそうです。
軽いトラウマを受けたようにも思えますが、あの時に指摘を受けていなかったら今でも気付かずに鼻息が荒くなるのかなと考えるにつけ、指摘してくれてよかったと感謝の念さえ感じます。

仕事柄、毎日小・中学生と接しているので、これは指摘すべきだろうなという場面には頻繁に出くわします。そして先生と生徒という比較的指摘もしやすい関係性であることも手伝って、できる限り指摘をしてあげるようにしています。心の中で、「君が将来、恥をかくことがないよう先生は心を鬼にして言うぞ」とささやかな自己弁護で小さなトラウマを植え付けてしまうかもしれない罪悪感を薄めながら。


●個人的指摘されないと気付かない行為TOP3●

_擦砲狼い鬚弔韻蹇
 
 鼻息、ドアの開閉音、貧乏ゆすり、げっぷ、イヤホンの音漏れ、机を指でたたく、などなど
 知らぬ間に周囲を人をイライラさせている可能性あり。

∀辰景には気をつけろ!

 長いわりに落ちのない話、人の話を遮って話し出す、不要な説明が多い、などなど
 会話はコミュニケーションの肝。話が下手だと損をします。

人の目を気にしろ!

 鼻ほじり、爪噛み、などなど
 隠れてやっているつもりだろうけど見られているぞ!



本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
メインメニュー
ホーム
基本理念
集団授業コース
個別授業コース
入塾までの流れ
講師紹介
講師に質問!Q&A
専属講師コラム
当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
第七十六回担当
『自覚無きは罪なり』
関根 英正 先生
職員コラムシリーズ
 Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved
目標に向かって、真っすぐ。

つくばゼミ
  ○小川教室
   TEL 0299-58-6253
  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研
  ○大宮教室
   TEL 0295-53-1254

つくば学館
  ○みどりの教室
   TEL 029-838-5715
  ○阿見教室
   TEL 029-887-9022