コロナ禍中ではありますが、晴れて日差しがあれば暖かく過ごしやすい季節になりました。霞ヶ浦と北浦の間の高台に低湿地が入り込んだ辺り、田んぼと小高い丘に囲まれたところに住む私は、講師の中で、いちばん田舎暮らしなのは間違いないと思います。
 どれぐらい田舎かというと、今の時期であれば、部屋に居ながら鶯(うぐいす)4〜5羽の声が四方八方より聞こえ、もう少し季節が進むと、散歩に出れば雲雀(ひばり)の声、夜になれば蛙(かえる)の大合唱に包まれます。家の前の道を亀(かめ)が歩いていたこともありますし、狸(たぬき)、兎(うさぎ)はもちろん、猪(いのしし)にも年4〜5回遭遇しますし、狐(きつね)を見かけたこともあります。
 ここまでは田舎暮らしの、自然豊かな良い話なのですが、去年の夏はちょっと大変でした。皆さんは日本でいちばん危険な生物と言われたら何を思い出しますか? 百足(むかで)? 蝮(まむし)? アオバアリガタハネカクシ? 私にとっては何と言ってもタイトルの虫 「スズメバチ」です。
 日本には数種類スズメバチがいるそうですが、中でもいちばん大型、世界でも最大クラスのスズメバチ 「オオスズメバチ」、5センチ程の黄色と黒の縞模様が我が家の周りを頻繁に飛び回っていました。威嚇で硬い牙状の口をカチカチ鳴らされたり、何度か追いかけられたりしたこともあり、慌ててベランダに罠を仕掛けたのですが、1リットル程の容器がすぐ満タン、追加で仕掛けること 7回、合計容積にして8リットル程、捕獲数は2〜300匹にもなろうかという状態でした。おそらく近くに巣があったと思われますが、幸い刺されることもなく、危ない思いをしただけで済みました。

 そこで、今年は先手を打とうと、スズメバチの生態を調べてみました。それによると、

・11月頃までには新女王バチ以外は死んで、その巣は終わりを迎える。
・新女王バチは越冬し、春先に一匹だけでで新しい巣作りを始め、ある程度の大きさの巣が出来たら産卵、そして働き蜂が産まれてくる。
・春先の女王バチを捕まえれば、巣を一つ潰したというか、作らせなかったことになり効果大!!!
・夏から秋にかけては巣が大きく個体数も増え、危険性がピークを迎え、場合によっては人が死ぬ事も・・・。

 という事で、今年の3月末に罠を仕掛けて数日後、優に5センチを越えそうな大きなのを捕獲!! 女王バチ捕獲成功!! これで一安心!! と思ったのですが、その後も3〜4日毎に同じサイズのオオスズメバチ、ついでに小型だけれど凶暴なキイロスズメバチまでもが罠にかかり、4月末の段階で十数匹程捕まえました。これらが全て女王バチ? それともすでに産まれた働き蜂? 容器越しに見ても私には全く判断がつきません・・・。
どうか危ない目に遭わずに済みますようにと祈るばかりです。

 私のところは田舎じゃないから・・・という方も、都市に順応したキイロスズメバチというのもいて、人の多い都市部でも巣をかけるので、刺される機会は多いそうです。
どうぞお気をつけ下さい。
本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
メインメニュー
ホーム
基本理念
集団授業コース
個別授業コース
入塾までの流れ
講師紹介
講師に質問!Q&A
専属講師コラム
当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
第七十四回担当
『スズメバチ』
 Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved
田村 善郎 先生
職員コラムシリーズ
目標に向かって、真っすぐ。
 

つくばゼミ
  ○小川教室
   TEL 0299-58-6253
  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研
  ○大宮教室
   TEL 0295-53-1254

つくば学館
  ○みどりの教室
   TEL 029-838-5715
  ○阿見教室
   TEL 029-887-9022