Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved

どの教科が好きですか? と尋ねられたら、私は迷わず理科だと答えます。中学生諸君の中には、
「えぇーッ! 理科なんて大嫌いっ」という方もいらっしゃるのでは?

ところが、理科が不得意だとモテないかも・・・。

 例えば、数年後の皆さんが大人になって家庭を持った、そんなある日、子供を連れて釣りに行くとします。釣れるか釣れないか、お父さんのエスコート次第ですね。

 休日前に天気図で釣行当日の天気を予想しておく事は、楽しい休日にするため、自然災害など危険回避のためにも必須ですね。

ここで中学理科「気象のしくみ」からの出題。雷が発生しやすいのは( ヾ冷前線・温暖前線 ) → 答えは「ヾ冷前線」です。

更に「電流」から第2問。炭素は( ‘蛎痢Ν 絶縁体) → 正解は「‘蛎痢廚如∈廼瓩猟犂箸魯ーボン(炭素)で出来ている物が多く、電流を良く流すのです。

ということは雷が鳴っている時の釣りは、自分が避雷針になるような、非常に危険な事だとわかりますね。

さて、いざ当日、朝起きて快晴、「あぁ良かった、釣り日和だ!!」ところが、この時点で、その日が たくさん魚が釣れた楽しい休日の思い出になる可能性が相当低くなります。それはなぜでしょう? まず釣りに行こうとしている湖や川の水中には食物連鎖、食う食われるの関係があります。食われる側の魚にとっては、自分の姿がはっきり見えてしまう快晴の明るい水中は危険な時間帯、食う側に取っては餌となる魚がウロウロしていない、やる気の出ない時間帯なんだそうです。昔から釣りは、曇りの日、雨の日、水が濁り気味の日、日の出の前後、または日没の前後など薄暗く見辛い状況の方が良いとされているんです。

そして次に場所選び。日向?日陰?、風が当たる風表?当たらない風裏?

ここで第3問、中学理科「気体の性質」からの問題です。酸素は水に ( 〕呂韻笋垢ぁΝ⇒呂韻砲い ) → 答えは「⇒呂韻砲い」です。 ということで、風が当たる風表の方が、波立つことで空気中の酸素が入り、水中の溶存酸素が多くなる→魚が元気!! ということになります。

このようにレジャーのエスコートには理科的なアプローチが必要!? です。家族でのレジャーなら、失敗は笑って許されますが、もしデートとなると・・・。
皆さん、しっかり勉強してくださいね(笑)


本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
メインメニュー
ホーム
基本理念
集団授業コース
個別授業コース
入塾までの流れ
講師紹介
講師に質問!Q&A
専属講師コラム
当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
第六十四回担当
『レジャーのエスコートには理科!』
田村 善郎 先生
職員コラムシリーズ
目標に向かって、真っすぐ。

つくばゼミ
  ○小川教室
   TEL 0299-58-6253
  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研
  ○大宮教室
   TEL 0295-53-1254

つくば学館
  ○みどりの教室
   TEL 029-838-5715
  ○阿見教室
   TEL 029-887-9022