今日の日本は、世界的にみても珍しいくらい『宗教』に関心がない国と言われています。
なにか宗教を信仰しているかという質問に対して、「はい」と答える人は約4割程度で、半数以上の人は「無宗教」と答えるという調査結果が出ています。ちなみに欧米先進国では6〜8割の人が「キリスト教」を信仰している、と回答するそうです。

ところが平成29年の文化庁「宗教年間」によると、日本人の宗教人口は、神道が約8500万人、仏教が約8770万人となっています。合わせると1億7270万人となり、総人口の1.3倍です。
いったいどういうことなのでしょうか?
実はこの数字、例えば正月の初詣の参拝客を神道にカウント、お葬式をお寺であげれば仏教にカウント、といったようにそれぞれの宗教的行事への参加も含まれているのだそうです。

以上の点から考えられる日本人の宗教との向き合い方は、
「日本人は、ほとんどの人が何らかの宗教的行事に参加するが、それを特定宗教の信仰とは捉えていない」ということになると思います。無自覚のうちに、さまざまな宗教のおいしい所をつまんでいる、と言い換えることができるでしょう。

こうした日本人的宗教観が生まれた理由はいくつかの要因があると思います。

ひとつは、神道や仏教にはキリスト教の「洗礼」のような入信(信仰の開始)の儀式がないことが挙げられます。明確な信仰開始の段階を踏まないので、帰属意識に乏しいことは見逃せません。

また、地理的要因として、日本が島国であることも関係していると思います。
ヨーロッパや西アジア地方はそのほとんどが陸続きですから、異民族の侵入と戦争の歴史であるといっても過言ではありません。そしてそれはまさに宗教同士の衝突と混ざり合いの歴史でもあるのです。
ヨーロッパでは、ギリシャやマケドニアを征服したローマ帝国が北方のケルト人国家を支配。その後ゲルマン民族などの異民族の侵入が始まり、ローマ帝国は東西に分裂し、いくつもの新国家が生まれました。
一方、東方の中東地域でも反乱や軍の侵攻によって支配国が目まぐるしく変化していきます。メソポタミア文明の古バビロニアに始まり、ペルシアやシリア、アラブの支配を経てオスマントルコの600年帝国が20世紀初頭まで続きます。
こうした変化のなかで、ドルイド信仰やゾロアスター教、マニ教などは、キリスト教とイスラム教に取って代わられました。
インドでは、自然を神と崇めるアーリア人のバラモン教から仏教やジャイナ教が生まれ、一時期イスラム化もしますが、結局バラモン教に仏教や民俗信仰を取り入れたヒンドゥー教が優勢となります。インド発祥の仏教は、周辺の国へと広がり信仰され続けていきます。

もうひとつ要因を挙げるならば、古来より日本人が親しんできた神道がもともと多神教であったことも関係しているでしょう。これが他宗教の神々に対する寛容性の土台となったのです。飛鳥時代に伝来した仏教が日本で受け入れられたのも、この寛容性があったればこそです。神も仏も同じものだとして信仰されました(神仏習合といいます)。

もっとも、それも時の権力者たちの都合(政治的に利用価値があるか、政権を脅かさないかなど)に左右されることも珍しくありません。1549年に伝来したキリスト教は、はじめ織田信長によって保護され宣教師の布教で九州を中心に広まりますが、続く豊臣秀吉はバテレン追放令を出しキリシタンを排除します。さらに江戸幕府は最初はキリスト教に寛容な姿勢でしたが、島原・天草一揆により危機感を強め、鎖国を完成させ締め出してしまいました。
江戸時代が終わり明治時代になると、天皇を中心とする体制を強化するために神道が重要視され、多くの仏教寺院や仏像が破壊されました(廃仏毀釈といいます)。日本最古の歴史書である古事記には、日本の国を生み出したイザナギとイザナミという神から天照大御神(アマテラス)が生まれ、その孫にあたるニニギノミコトが地上に降り立ち、さらにそのひ孫にあたる神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコ)こそが日本を建国した初代の神武天皇であるとされます。天皇の権威を高めるにはもってこいの神話だったというわけですね。


途中から歴史の授業のようになってしまいましたが、人間と宗教との関わりはまさに歴史そのものであると思います。このコラムを見て少しでも興味が湧いたなら、ぜひ色々と調べてみてください!
本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
メインメニュー
ホーム
基本理念
集団授業コース
個別授業コース
入塾までの流れ
講師紹介
講師に質問!Q&A
専属講師コラム
当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
第五十六回担当
『宗教って何日本と世界の宗教』
関根 英正 先生
職員コラムシリーズ
 Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved
目標に向かって、真っすぐ。

つくばゼミ
  ○小川教室
   TEL 0299-58-6253
  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研
  ○大宮教室
   TEL 0295-53-1254

つくば学館
  ○みどりの教室
   TEL 029-838-5715
  ○阿見教室
   TEL 029-887-9022