地域の結びつきが薄れ…と折に触れ耳にしますね、実際都市部に住んでいるとそうなのだろうなと容易に想像できるのですが、私は北関東の幹線道路や鉄道から離れた農村部に住んでいますので、まだまだ強い結びつきが残っています。新年そうそう集落の集会所で始まる「詠い初め」に始まり、冠婚葬祭、祇園祭、つい先日も15軒程の集落の中にあるお稲荷さんに参加しました。周辺の草刈りから始め、しめ縄づくり、お供え物をして、お祈り、その後の歓談。そんななかで、しめ縄は普通のロープとは違い、稲藁の根元を下にして左巻きになうとか、お稲荷さんの階段の真ん中は神様が通るから、住民は端を通るとか、私が聞いたことのなかったいろいろな話が出てきます。いつから伝わる事かは定かではありませんが、こうして地域の伝統が守られていく、またその流れの中にいることを少し誇らしげに感じたりもしました。


田舎、農村、伝統…若い人たちの関心事とは程遠いものかもしれません。テレビ等では、流行の歌、服装、髪型等々、世界有数の大都会から発信された情報が一斉に広がっては消え、直ぐに次の情報が。もちろん田舎とはいえ現代に生きる身としてはその影響を受けずにはいられないのですが、飛び付きやすいものの、熟成する間もなく消えていくものには興味が持てず、今
私の関心事は、都会ではなく地方、中央ではなく周縁部、最新ではなく伝統にあります。


若い時に読んだ本の中に「本質は中央ではなく、周縁に残っている」とあったことを思い出します。例えば宗教も、開祖の地では時代に即して変化していくけれども、伝わっていったその先の周縁部には前時代からの伝統が色濃く残っている事が多いのだとか。


小中学生の皆さんには興味を持ちづらい話かとは思いますが、例えば国語で「古典」に触れる際は、長い時の流れの中でも淘汰されずに残り、磨かれてきたものがある事を、現代に生きる自分一人の嗜好には合わなくても、代々の先祖は放棄せずに残してきた、そういうものが私たちの土台にある事を思い出してみてくださいね。
本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
第三十四回担当
メインメニュー
 ホーム
 基本理念
 集団授業コース
 個別授業コース
 授業料・システム
 入塾までの流れ
 講師紹介
 講師に質問!Q&A
 専属講師コラム
 当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
『本質は周縁部にあり』
田村 善郎 先生
職員コラムシリーズ

つくばゼミ

  ○小川教室
    TEL 0299-58-6253

  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研

  ○大宮教室
    TEL 0295-53-1254

つくば学館

  ○みどりの教室
    TEL 029-838-5715

  ○阿見教室
    TEL 029-887-9022

目標に向かって、真っすぐ。
 Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved