Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved.

本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
『勉強は理解か、暗記か』
法月 隆 先生
メインメニュー
 ホーム
 基本理念
 集団授業コース
 個別授業コース
 授業料・システム
 入塾までの流れ
 講師紹介
 講師に質問!Q&A
 専属講師コラム
 当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

第三十二回担当
つくばゼミ・城北進研・つくば学館
『勉強は理解か、暗記か。』
この問いは、昔からずっと行われていた問いでした。ただし、受験勉強に限っていえば、結論はほぼ出ているのではないかと思います。それは、『受験勉強の成果は、ほぼ暗記で決まる(9割がそれで決まるという人もいるくらいです)』ということ。その傾向は、受験生の年齢が高くなる(中学受験→高校受験→大学受験→資格試験)ほど強くなります。実際、暗記事項を暗記させるために、受験に関連する参考書の使用法の記述に『最低3回は解くこと』とか、『最低10回は解くこと』といった記述が受験年齢の高い試験ほど目立つようになります。興味のある方は書店に行った際に見てください。

『え、でも「理解できないもの」を覚えることなんて無理なのでは?』
という人もあると思いますが、掛け算の九九で『なぜ、そうなるのか。』とか、二次方程式の解の公式が『なぜ、そうなるのか。』と考える人がどれだけいるでしょうか。ほとんどの人は、そのようなことをせずに使っているのではないでしょうか。そして、実際のテストでは点数が取れているのです。さらに、学習における理解というのも、それまでの『暗記』の蓄積の結果であって、覚えてもないものを『なぜ、そうなるのか』なんて、普通の人は考えたりしないはずです。まずは、暗記すべきことに手をつけて、それが十分にできるようになってから『理解力』を要する問題を解いたほうが圧倒的に効率的です。実際、テストで理解力を問う問題に配分されている得点なんて多く見積もっても総得点の2〜3割程度(さらにいえば、この問題が解けることが試験の合格を握っている受験生はほとんどいないのが現実)です。
『でも、私、頭悪くて暗記が苦手なんですよね!』
『暗記すればいいのはわかりますけど、どうやってやったらいいのかわかりません!』
という人もいるかもしれません。ただし、実際には『めんどくさいから、やりたくない!』というのが本音ではないでしょうか。だとしたら、解決方法はあります。その方法をいくつか紹介しましょう。


 〆使っている問題集より、問題数が少なく、解説量が多いものを使う。

暗記がめんどくさい最大の理由は、覚えなければならないことがあまりにも多すぎるのと、覚えるのに必要な説明がないから。問題数が減って覚えることが少なくなり、解説がしっかりしている問題集であれば調べることも少なくなり、覚える手間は大幅に削減できます。


◆_薪戮眛韻弧簑蠅魏鬚。できれば、薄い参考書で。

薄い参考書を10回解いた人と、分厚い参考書を1回解いた人。どちらのほうが、試験で高得点を確保できるか。結論は、前者のほうが圧倒的に高得点だということです。理由は、人間の脳は何度もやっていることを優先的に記憶するようにできているから。毎日やっている大好きなゲームやいつも見ているアニメのキャラを覚えることができるのも同じ理由です。となると、暗記できるかのポイントになるのは参考書に『触れた回数、言い換えれば解いた回数』であるということ。何回も開き、何回も解いた参考書の内容は『覚えられる』ように人間の脳はできているのです。


 覚えてから問題を解くことはやめましょう。

『教科書内容を全て覚えてからじゃないと問題を解くなんてできない』という人もいるかもしれませんが、それはかなり危険な勉強の仕方です。そもそも、全てを覚えることなど、よほど特殊な人間でなければできません。割合としてはそれこそ数百人に一人いるかいないかという話です。そもそも、勉強をするのにそのような才能は必要ありません。だとすれば、どうするか。『解いて、間違えて、直す』作業を繰り返すだけでよいのです。あくまでも、覚えるかどうかを決めているのは問題を解いた回数だけですから、解く回数を減らすために完璧に覚えてからやろうという考えは『愚か』としかいいようがありません。それよりも、教科書を一通り読んだらすぐに問題を解きながら覚える。この方が圧倒的に楽ですし、点数にもなりますよ。



以上のことがしっかりできている人で『暗記が苦手』という人は一人も見たことがありません。むしろ、このような人たちは『暗記科目』で得点を稼ぎ、結果的には『理解力』を必要とする問題まで正解してしまうのです。だとしたら、細かいことは後にして、まずは『問題集を繰り返し解き、間違えるつど解答解説を読み、覚えてしまう。』のほうがよほど楽だと思いますよ。実際、これに成功している人のほとんどが『点数アップと学習時間の短縮の両立』にも成功している人たちですから。
職員コラムシリーズ

つくばゼミ

  ○小川教室
    TEL 0299-58-6253

  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研

  ○大宮教室
    TEL 0295-53-1254

つくば学館

  ○みどりの教室
    TEL 029-838-5715

  ○阿見教室
    TEL 029-887-9022

目標に向かって、真っすぐ。