Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved.

本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
『人目を気にするのは悪いことか』
関根 英正 先生
メインメニュー
 ホーム
 基本理念
 集団授業コース
 個別授業コース
 授業料・システム
 入塾までの流れ
 講師紹介
 講師に質問!Q&A
 専属講師コラム
 当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

第三十一回担当
つくばゼミ・城北進研・つくば学館
「人目を気にする」または「人目が気になる」という言葉があります。
この言葉、皆さんにとってどんなイメージの言葉ですか?
良いイメージ?それとも悪いイメージ?

多くの方は後者をイメージするのではないでしょうか。

・人目を気にせずに自由に生きたい
・◯◯してみたいけど、人目が気になってしまいできない etc...

他人の評価ばかり考えて自分が出せず、常におどおどしている、
そんな人物像を思い浮かべませんか?


もちろん、他人の目をどの程度気にするかは十人十色あると思いますが、
深刻に悩んでいる人は年齢を問わず多いと聞きます。学校や会社での
人付き合いを苦痛に感じるという人もいるでしょう。
特に重篤な場合には、カウンセリングや治療が必要にもなるそうです。


ですから、「人目を気にする」ことにマイナスのイメージを持つというのは
至極当然の流れだと言えます。
書店の棚にも『他人の目を気にするのはやめなさい』とか『他人を気にしない生き方』
などのタイトルが並んでいますし、ネット検索をしても人目を気にしないための
処世術を紹介するページが多数あります。


では「人目を気にする」ことから開放されるとどんなハッピーな
人生が待っているのでしょうか。上記のページからいくつか抜粋してみますと、

・自分に自信を持つことができる
・好きなことが好きなようにできる
・自分の意見や主張をどんどん表に出せる

まさに良いことづくめですね。
だれもが「人目を気にせず」に生きていきたいと思いますよね。



なぜこうも「人目が気になる」人が多いのか、少し調べてみたところ
大きく2つの理由があることが分かりました。

一つは、日本人の民族性として【強い集団意識】があること。
日本人に限定した話ですけどね。
日本人にそのような集団意識が成立した過程については、今回のコラムの本筋から
外れてしまうので省略しますが、とても興味深い話ですのでまた別の機会にご紹介
できればと思います。

二つ目は、その日本人独特の集団意識にマッチした教育が学校や家庭で行われてきた
ということ。「出る杭(くい)は打たれる」ということわざにも見られるように、
集団から外れることを日本人は嫌います。
集団の中でうまく立ち回れるように【集団意識の統一教育】という方法が取られた
ことは間違いありませんし、その背景が「人目を気にする」人材を育てたことも
事実だと思います。



「人目を気にする」生き方の息苦しさは述べた通りですが、一方で私は「人目を
気にして」生活することの大切さにも目を向けなければならないと考えています。
どちらかと言えば私は「人目を気にして」しまう側にいると思います。万事がそうで
はありませんが、やはりどこか自分を出し切れなかったり、時には目の前にいない
相手の事を考えて、自分がどう思われるかを想像してしまったりします。

当然そんな性格のせいで損をしていることも多いのでしょうが、実は私はさほど
マイナスには思っていません。
「人目を気にする」というのは言い換えると『相手の側に立って考えられる』こと
だと私は考えるからです。

日々の生活の中で、なぜあんなことをするんだろう...迷惑だなあ...と思うこと、あり
ませんか?
想像しやすい例でいえばゴミのポイ捨て、爆音を出すバイク、障害者専用位置に
駐車する車などなど。
また愚痴めいてしまいますが、私が気になるところではドアを閉めるときの大きな音、
むしられ落書きされる壁紙、次に使う人のことを考えていない物の配置など
枚挙に暇(いとま)がありません。

そしてこれら全てが自分ならこうはしない、なぜなら「人の目が気になる」から
というものばかりなのです。また、言い方を変えるならば自分がされてこんなに
嫌な気分になるのだから人にはしないようにしよう、となるのです。

ひとつひとつを見れば些末な事であるかもしれませんが、社会生活を送るなかで
人間関係を円滑なものにする為には非常に大事なことだと思います。



昔の日本人が
『人の振り見て我が振り直せ』
『お天道さまが見ている』
『己の欲せざる所は人に施す勿れ』
と言って「人目を気にしながら」自らを戒めてきたことと、戦後日本が急激な経済成長を
とげ、世界第二位の経済規模(近年は中国に抜かれ第三位)にまでなったことが無関係である
とは私は到底思えないのです。
職員コラムシリーズ

つくばゼミ

  ○小川教室
    TEL 0299-58-6253

  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研

  ○大宮教室
    TEL 0295-53-1254

つくば学館

  ○みどりの教室
    TEL 029-838-5715

  ○阿見教室
    TEL 029-887-9022

目標に向かって、真っすぐ。