Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved.

本文へジャンプ

茨城県/学習塾/進学塾/小学生/中学生/高校生/集団授業/個別授業

ホーム 教室一覧 集団授業 個別授業 ご入塾までの流れ
『苦行』
田村 善郎 先生
メインメニュー
 ホーム
 基本理念
 集団授業コース
 個別授業コース
 授業料・システム
 入塾までの流れ
 講師紹介
 講師に質問!Q&A
 専属講師コラム
 当月授業カレンダー
教室案内
つくばゼミ
 小川教室
 岩井教室
城北進研
 大宮教室
つくば学館
 みどりの教室
 阿見教室
第十四回担当
私はジョギングが趣味で、休日には気が済むまで走ると3〜4時間経っていることも。他人に話す
と『健康的ですね』と言ってくれるけれど、おそらく『何でこの人はそんな苦しく疲れることを…』と言いたげ。なかなか共感はしてもらえないようです。

私はなぜ「苦行」に走るのか。いえいえ本人は苦しいとか面倒とかまったく思っていないのです。
苦しくてしかも面倒なのであれば続きませんし、やってみようとすら思わないでしょう。走ること
によって得られる爽快感、季節を肌で感じること、等々、私にとってはどちらかと言うと小旅行に
行く感覚に近く、とても楽しいものなのです。
「走る」という動作が心の持ちようによってある人には「苦行」として、別の人(私)には
「行楽」として捉えられているわけです。

さて前置きはこれぐらいにして、小中学生の皆さんの大部分にとって苦行と感じてしまうものとい
えば「勉強」でしょうか。

テレビを見て楽しんでいる、ゲームに夢中・・・の最中に「勉強しなさい」の一言で行楽の世界
から引っ張り出され、苦行を強いられる。塾の講師なんて苦行の元締めのようなイメージでしょう。

ただ私は、苦行と感じてしまったらジョギングをしなくなる自分を容易に想像できますので、
「勉強しなさい」といくら声を荒らげても大部分のお子さんはおそらく勉強をしないか、
もしくはしても長続きしないであろうと考えています。

そこで、勉強を「苦行」と思い込まないように、

  ,子様にとって本当に楽しい行楽はある程度認め、勉強との両立をはかる

  ⇒世瓩襪海箸如峩豺圈廚琉象を薄める

これらの良い方法をいつも模索しています。その中で今までの経験上効果があったのは、

,亡悗靴討蓮▲謄譽咫Ε押璽狹を先に楽しんで、その後就寝までの時間を勉強にあてる。
行楽:勉強の割合は学年や学習習慣の有無で異なるかとは思いますが、
行楽:勉強=2:1 (例)テレビを1時間観たらそのあと30分勉強
      1:3 (例)ゲームを1時間楽しんだらそのあと3時間勉強
ぐらいが良いと思います。ただし順番を逆にして勉強の後にテレビやゲームだと、学習内容の
記憶が薄まってしまうようです。

△亡悗靴討蓮△子さんが勉強している際には出来るだけそばにいるようにし、可能な限り誉め
てあげる。苦行と思っていた中に自分を認めてもらえる楽しいことを散りばめるわけです。

もし、「勉強しなさい!」といくら声を荒らげても効果がない場合は試してみては
いかがでしょう。

※上記内容は主に小学〜中学1年生ぐらいまでのお話です。それ以上の学年になれば、世の中
「行楽」だけでは成り立たないこと、また「苦行」と思われるものの中に奥深い「行楽」を見つ
けることもあるなど教えてあげる必要があるでしょう。

そして受験生である中3生には声を大にして言います。「勉強しなさい」と。

茨城県内に5教室を展開する進学・学習塾

つくばゼミ・城北進研・つくば学館
職員コラムシリーズ

つくばゼミ

  ○小川教室
    TEL 0299-58-6253

  ○岩井教室
    TEL 0297-36-1772

城北進研

  ○大宮教室
    TEL 0295-53-1254

つくば学館

  ○みどりの教室
    TEL 029-838-5715

  ○阿見教室
    TEL 029-887-9022

目標に向かって、真っすぐ。