突然ですが、皆さんは歴史の勉強は好きですか?中学生諸君に尋ねると高確率で「嫌い!」という答えが返ってきそうです。理由を聞いてみると、やはり多いのが「漢字ばかりで覚えられない」とか「興味がない」といったもの。そして2言目には、伝家の宝刀「昔のことを覚えて何になるの!?」です。かく言う私も学生時代には歴史なんてまったく興味は無かったので諸君の気持ちは分かります。

試しに国語辞典で【歴史】の項目を引いてみると、『現在残されている物から知ることのできる、人間社会の移り変わりの過程や、そこに見られる個々の出来事』と書いてある。まあ、そのまま過ぎてよく分からないですね。

では、仮にこう考えてみてはどうでしょう。
友達の紹介で出会った女性(または男性)にあなたは一目惚れしてしまったとします。相手のことをもっと知りたい、趣味は何かな、仕事(学校)は?、兄弟はいるのかな、どこの出身だろう、恋人は・・・?
正常な恋愛感情を持っていれば、まずこう考えるのは当然ですよね。
そしてうまい事やってデートの約束を取りつけました。
どこに連れて行ってあげたら喜ぶかな、食事の好みは、それより会話は?どんな話をしたら楽しんでくれる??
きっとそれまでの二人の会話やメールのなかにヒントはたくさんあったはずです。ちゃんと覚えててあげて素敵なデートを演出できれば、いい返事をもらえるかもしれませんね。

興味のあるもの(気になる相手)を理解する(攻略する)には、その対象をよく知ることが重要だと分かって頂けましたか?
対象をよく知ること=その歴史を知ることなんですよね。

さて、結局あなたは相手にお付き合いを断られてしまったようです。
非常に残念です、何かよくないところがあったんでしょうか。
食事代をケチって牛丼屋にしてしまった事かもしれません。
でも大丈夫。あなたはデートで牛丼屋に行って失敗した過去(歴史)を獲得したのですから。次に好きな人を食事に誘うときには牛丼屋を避ければいい。
もっとリッチな・・・そう、ガストにでも連れて行けば成功するかもしれません。

歴史とは詰まるところ過去の出来事ですから、それを反省し、将来に活かすこともできるのです。


まとめると、歴史とは
@対象の過去を知ることのできるもの。
A反省材料として将来に活かすことのできるもの。
歴史は人間が生きてきた証であり、また今を生きる私たちにとって必要な知恵の宝庫でもあるんですね。

そして何もこれは恋愛に限ったことではないのです。
仕事で中国人と取引をする機会があるとします。その時には中国の歴史を知らなければ失敗してしまうかもしれません。
仏門を志し、坊さんになろうとする人は仏教の歴史を知ることになるでしょう。
自国の歴史を知らない外交官にはなんの期待もできません。
一戸建ての家を建てようと思ったら、その土地の歴史を調べるべきでしょう。
新しい病気が流行しても、過去の同様の病気の記録から感染拡大を防ぐことができるかもしれません。
先の大震災で得た教訓から、今後起こり得る大地震への備えも進むでしょう。


ここまで読んで少しは歴史の勉強をしてみる気になってもらえましたか?
さあ、今こそ歴史を勉強して好きなあの子にアタックしてみましょう!
・・・もちろん、結果に責任は持ちませんけどね^^

Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved.

メインメニュー
 home
 基本理念
 集団授業コース
 個別授業コース
 授業料・システム
 入塾までの流れ
 講師紹介
 Q&A
 塾生の皆様へ


教室案内
 阿見教室
 大宮教室
 小川教室
 岩井教室
 みどりの教室
本文へジャンプ

茨城県の小・中学生のための学習塾

つくばゼミ ・ 城北進研
『歴史を極めし者は恋愛を制す!?』
第十回担当
関根英正 先生
職員コラムシリーズ
茨城県地図