Copyright (C) 2008 つくばゼミ ・ 城北進研. All Rights Reserved.

メインメニュー
 home
 基本理念
 集団授業コース
 個別授業コース
 授業料・システム
 入塾までの流れ
 講師紹介
 Q&A
 塾生の皆様へ


教室案内
 城里教室
 大宮教室
 小川教室
 岩井教室
本文へジャンプ

茨城県の小・中学生のための学習塾

 1日8時間眠っている人が80歳まで生きるとしたら、27年間も眠り続けていることになります。人生の1/3も眠っているなんてちょっともったいないと思うかもしれませんよね?そもそも人間はなぜ眠らないといけないのでしょう?

 「よく眠れた」と思ったときには、すっきりと目覚めて爽快な気分になりますよね?これは睡眠中に心と体の疲れが完全に回復した証拠です。
 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があることを皆さんご存知だと思います。レム睡眠は筋肉が縮むので「ぐったり眠っている状態」であり、ノンレム睡眠は脳も休息しているので更に深く「ぐっすり眠っている状態」だそうです。脳にとっては、ノンレム睡眠は休息して回復する眠りであり、レム睡眠は休息と目覚めを橋渡しする眠りのようです。つまり睡眠は、脳をリフレッシュして脳細胞が死なないようにしている時間なのです。またレム睡眠では、起きている間に新しく作られた神経細胞のネットワークの試運転や点検・整備を行なっているそうです。この時に夢を見るみたいですよ!


 昔から「寝る子は育つ」ってよく言われます。心身ともに成長著しい子どもは大人以上に睡眠が必要です。深い睡眠の時間帯に、成長ホルモンがたくさん分泌され細胞分裂や増殖を促して傷ついた組織を修復してくれるわけです。私も幼い頃は、母が「死んでるんじゃないか!?」と思うほど寝続けていたらしいです。おかげで身長だけは大きくなりました(^^)


 最近、キレやすい子どもの増加が問題になっていますが、睡眠不足による脳神経のバランスが崩れてきているからだという研究があります。つまり、夜更し⇒朝寝坊⇒朝食抜き⇒日中の運動量の低下⇒セロトニン(脳神経のバランスをとる物質)不足⇒攻撃性の増強⇒キレる という図式です。一般的に思春期の反抗期と異なり、なぜそういった行動をとるかには背景があり、昨今の娯楽の増大や対人関係、そして学習機能の低下などが挙げられます。それらを大人がコントロールする力を養うことが改善につながることもあるのではないでしょうか。


 眠気が気持ちの問題だけでなく交通事故や災害により、人命にも影響が出ると思うと、「寝てる時間がもったいない!」という考えをちょっとずつ改めていこうかな・・・。っとも、思ってみたりしました。
つくばゼミ ・ 城北進研
『人生の1/3は寝てる???』
第九回担当
鈴木雅也 先生
職員コラムシリーズ
茨城県地図